そのぽきぽきとした音、もしかしたら顎関節症かも? ?>

そのぽきぽきとした音、もしかしたら顎関節症かも?

顎関節症ってどんな病気?

顎関節症って小顔の人や口が小さな人がなりやすいので、美人病などとも言われています。でもこの病気になったとしても、厄介な症状ですから自分が美人なんだと喜べないですよね。顎関節症とは、顎の関節に何らかの原因で炎症が起こってしまうことで起こる病気のことです。主な症状は口を開くときに痛みが走ったり、顎関節がピリピリとしびれたり、肩こりや食欲不振になるなどです。病気が進行すると顎を開くことが困難になってしまうこともあるんですよ!

どうやって病気かチェックするの?

口を開けたり閉じたりする痛みがあったり、ポキポキと音が鳴ったりする場合は要注意!また食事中に食べ物をかむ時にズキズキした痛みが走ったりする場合も顎関節症かもしれないと疑ってみましょう。他にもこめかみをちょっと抑えてみた時に痛みがある場合も危険なサインです。顎関節症のシグナルはこのほかにもいくつかありますが、代表的なものはやはりポキポキとあごの関節がなるというものでしょう。こんな症状がある場合はすぐに歯医者さんに行きましょうね。

どんな治療をするの?

顎関節症は噛み合わせの悪さが症状を進行されてしまいますから、これ以上の悪化を食い止めるために入れ歯とよく似たブリッジをはめるという方法や、薬を使った治療、顎を中心とした治療だけでは痛みやしびれが改善しない場合は整体等を行います。歯の不調は全身にも影響していますから、顎関節症を治すことで体の不調が緩和することも。手術としては、関節に溜まっている老廃物などを除去する関節腔洗浄療法や、関節解放手術などがありますよ。

歯医者が苦手という人はたくさんいますが、鎌ヶ谷の歯医者の場合は無痛治療といって痛みを感じない治療を行うので歯医者が苦手な人も安心です。


Comments are closed.